ニキビケア保湿にはこれを使え

これまで保湿なんぞ気にもとめなかったやつは、保湿せい!と言われてもワケが分からないだろう。

おまえらでも分かるように保湿に関してまとめた。

化粧水、美容液、乳液/クリームの違い

保湿には基礎化粧品というものを使う。

といっても男が化粧するわけではない。基礎化粧品とはスキンケアのための化粧品のことだ。

基礎化粧品には以下4つのものがある。

化粧水

化粧水は水分・潤いを補充する役割だ。

潤いと栄養を与えて肌の回復力を高め、ニキビ治療を早める。同時に肌のバリア機能を回復させ、ニキビが出来にくい肌を育てる。

化粧水での水分補給がニキビケアの基本となる。

しかし、化粧水には水分を加えることができるが、保つことはできない。成分のほぼすべてが水なのですぐに蒸発してしまう。だから、化粧水をつけるだけでは無意味だということを覚えておけ。

美容液

美容液は潤いだけでなく保湿をする働きがある。

また、保湿や美白など目的別に特化しているものが多く、足りない要素を集中的にケアできる。

保湿+αの効果がある基礎化粧品ということだな。

乳液

乳液は油分が中心で、与えた化粧水や美容液を閉じ込め、水分の蒸発を防いでくれる働きがある。

クリーム

クリームの役割は乳液とほぼ一緒だ。

違いは水分と油分の配合バランスで、油分がより多ものがクリームになる。

ニキビケアに最適な基礎化粧品は?

それではどんな基礎化粧品を選べばいいのか?

それは「刺激が少なく肌に優しい」ものだ。ただでさえ肌がニキビで傷ついているわけだからな。

余計なものが配合されていないもの、ノンアルコール成分のもの、敏感肌用のものなどがいいだろう。

さらに「さっぱり」「しっとり」などのタイプがあれば、「しっとり」タイプを選べ。

当道場推薦の二品

前述したように、肌に潤いを与えるには化粧水だけではなく、美容液や乳液/クリームとのセットで考える必要がある。

その全てを確かめながら最適なものを選ぶ。・・・そんなことは面倒臭い!という輩も多いだろう。

そんなやつには、ニキビケア専門のセットだ。潤いに必要な基礎化粧品が全てセットになっている。

>>大人ニキビを撲滅 ビーグレン

さらに、化粧水/乳液・美容液/クリーム、3つを使うのが面倒だ、という横着モノにはこれ。

潤いケアがオールインになった一品だ。

肌ケア初心者はまずこういったものから試すのもいいだろう。チェックしてみてくれ

>>ニキビケアジェルクリーム スクリーノ

其の弐 徹底的に肌を潤せ!

男のニキビ撲滅道場 TOPに戻る