ニキビにおける保湿の重要性

ニキビケアにおいて、洗顔と双璧をなすのが『保湿』だ。

だが、一見すると肌に油分を与える保湿は洗顔と相反する。

ここで保湿の重要性を少し説こうと思う。

肌の潤い不足がニキビを育てる

ニキビが大量発生している状態は、肌が正常な状態ではないのは分かるな。

正常な状態というのは、肌に必要な潤いが保たれ、皮脂の排出が上手く行っていることを指す。

それでは肌の潤いが保たれないとどうなるのか?

 

まず油分が不足すると、肌の柔軟性がなくなり角質が古く硬くなる。

そして毛穴も塞がってしまう。

そうなってしまうと、毛穴の皮脂が外に排出されにくくなり皮脂汚れが毛穴の中に貯まる。

ニキビ予備軍行きとなる。

 

さらに、潤いがなく皮膚が乾燥すると、外部の刺激から守る肌バリアが壊れる。

そうなると、気温の変化やバイ菌などの刺激をモロに受け肌が荒れる。

ニキビ正式軍への入隊だ。

 

ちなみに大人ニキビの原因のほとんどは、肌の乾燥によるものだ。

肌に潤いがあれば・・・

そもそも、肌がしっとりと潤った正常な状態ならば、ちょっとやそっとじゃニキビはできない。

皮脂が正しく排出されるのでニキビ元となる毛穴詰まりもないし、肌のターンオーバーも早い。

さらに肌バリアがきっちりと機能しているので、季節の移り変わりでも肌が不安定にならない。

 

これで分かったと思うが、肌の潤い不足はニキビの悪循環を発生させる。

逆に言えば、「肌を潤す=保湿」することがなにより重要になってくる。

女以上に男は保湿が必要

20100416_1840202

肌の保湿には、化粧水や乳液などで潤いを補う以外に方法はない。

「男が化粧水かよ・・・」

そんな声が聞こえてきそうだが、そんな考えだったら今すぐに改めろ。

男は女よりも皮膚が厚く角質も厚い。ということは、女よりも肌の保湿が大変だということだ。

肌をいたわるぐらいがちょうどいい。

男を磨くために保湿は必須だということを覚えておけ。

次章:男の保湿法伝授

其の弐 徹底的に肌を潤せ!

男のニキビ撲滅道場 TOPに戻る