男の正しい洗顔術

はっきり言おう。

この道場を訪れているぐらいだ。お前らの洗顔方法は間違っている。

これから正しい洗顔術を述べる。自分のこれまでの洗顔と比べながら、正しい洗顔を鍛錬しろ。


20080709203742

 

1.まずは手をよく洗え

そもそも洗う手が汚れていたら意味が無い。さらには手に脂が残っていると洗顔料が泡立てにくくなる。

まずはおまえらのそのうす汚れた手をしっかり洗うことからだ。

2.ぬるま湯で顔を下洗い

いきなり洗顔料や石鹸は使わない。まずはぬるま湯で顔を軽くパシャパシャ洗う。

下準備に時間をかけたかどうかで効果が全然違う。愛撫と同じだ。

この下洗いをすることで毛穴を開かせ、この後の洗顔で汚れが落ちやすくなる。

温度は熱すぎると肌に悪いし、冷たすぎると逆に毛穴が引き締まってしまう。ぬるいぐらいの温度がベストだ。

3.洗顔料をよく泡立てろ

この泡立てが雑なヤツが特に多い。洗顔料はキメが細かくクリーミーな泡になるまで泡立てろ。

そうすれば、泡が毛穴の奥まで入り込めるようになるし、摩擦も小さくなり肌への負担も少なくなる。

目安はテレビのCMで見るようなクリーム状の泡だ。泡のブクブクが大きい状態では全然ダメだ。

洗顔の泡

不器用なやつは「泡立てネット」を利用しろ。うそのように簡単にクリーミーな泡がモコモコ作れる。最近では100円ショップでも売っている。

4.いざ洗顔

洗顔

クリーミーな泡を顔にくっつけ、泡の上から押さえるようにして洗う。

皮脂の量が多い、額・鼻・小鼻のTゾーン、こめかみは入念に。額やもみ上げの生え際付近も忘れるなよ。

逆に、頬やフェイスラインは油分が少ないから洗いすぎは厳禁だ。

ここでもっとも重要なことを伝える。

汚れを落とそうと思うあまり、ゴシゴシと擦るように洗顔してはいないか?

その洗い方では、必要以上に皮脂を剥ぎ取り、さらに肌へ強い刺激も与えてしまう。

洗顔のポイントは『泡』で洗う。つまり直接手で肌に触れゴシゴシと擦ることではない。

正しい洗顔というのは、顔から手は0.5cm程度離れていて、その隙間を泡が埋めている状態。手が顔に直接触れないように、泡だけが顔に触れている。その状態で円を描くように手を動かす。

これが正しい洗顔だ。

最初は洗った感じがしないかもしれないが、これで十分に汚れは落ちる。

「力で洗うのでなく泡で洗う」

肝に銘じろ。

5.すすぎも気を抜くな

泡を残すとそれがまたニキビの原因となる。

泡を残さないようによくすすげ。ここでもゴシゴシ顔を擦るのは厳禁だ。

水を顔にバシャバシャとかけ、なるべく手が触れないようにするのがポイント。

顔を拭く際にも顔をこすらず、タオルを上から水分を押さえるようにだぞ。

女と肌には優しく接しろ。それがモテる奥義だ。

次章:ニキビを治す洗顔料とは?

其の壱 まずは正しい洗顔を極めろ!

男のニキビ撲滅道場 TOPに戻る