赤ニキビを撲滅せよ!の巻

ニキビのメインステージ赤ニキビ

おそらくニキビで悩んでいるやつの大半がこの『赤ニキビ』だと思う。

赤く腫れあがり、触ると痛みがあるニキビ。

毛穴に詰まった汚れが炎症を引き起こし、場合によっては化膿まで発展している状態。

それが赤ニキビだ。

一番やっかいなのは、白ニキビと違いニキビの赤みが目立ってしまう。

人の見た目も気になるところだろう。

さらに赤ニキビはその対処で跡が残るかどうかが決まる。

男としての真価を問われるのが赤ニキビだ。

まずはともあれ炎症を抑える

医学的に赤ニキビがどんな状態なのか、その説明は他の媒体に譲る。

ちょっと検索すれば山ほど説明しているサイトもあるし、そもそもおまえはそんな説明を聞きたいわけではないだろう。

赤ニキビでまずやらなければいけないことは、『炎症』を抑えることだ。

赤く腫れ上がっているという状態は、毛穴が炎症を起こしている。

まずはこの炎症を沈静化させてやるのが先決だ。

個人で出来ることは、まずはニキビをいじらないこと。下手にいじればさらに炎症が悪化する。

そして肌に栄養を与えることだ。

常日頃の優しい洗顔、そして化粧水で水分を補給する。これは徹底しろ!

ただ、あまりに炎症がひどい場合には、素直に皮膚科に行くことを薦める。

皮膚科では炎症が沈められる「抗生物質」や「ステロイド」が処方される。

炎症を止めるための対症療法としてはこれらに勝るものはない。

ここで一つ覚えていて欲しいのは、抗生物質やステロイドはニキビを出来にくくする効果はない。

菌を殺してしまう抗生物質・ステロイドは、善玉菌さえも殺してしまい肌のバリア機能を大幅に低下させる可能性すらある。

このニキビの炎症が落ち着いたが、違うニキビが炎症した(以下繰り返し)。そんなことも十分にありえる。

あくまでも炎症を止める一時しのぎと考えておけ。

赤ニキビを根本的に撲滅させるには

炎症が治まった後、ニキビが発生しにくい肌質に改善することが重要になる。

つまり、肌バリア機能を復活させ「ニキビが出来にくい肌質」に持っていく。これが抜本的撲滅方法だ。

そして肌バリア機能を上げるには、、、

そろそろうんざりしているだろうが、あえて言おう。

それは『洗顔』と『保湿』だ!

つまるところ、これが基本にして最重要ポイントだ。

赤ニキビが落ち着いたあと、肌の再蘇生にも栄養である潤いが必要だ。

カッサカサの状態では治りが遅いばかりか、そのまま痕になることもある。

耳にタコだろうが、洗顔・保湿を徹底することが赤ニキビ撲滅のキーだ。